• このエントリーをはてなブックマークに追加

シールラベルを印刷して生活を便利に

収納したものの、何がどこにあるのかということが分からなくなってしまったという事も多いのではないでしょうか。箱などにしまうとスッキリとした見た目にはなりますが、それ故に中に何が入っているかなどが分かりにくくなるものです。そういった時にはシールラベルを利用しましょう。入れているものを好きなフォントで印刷して統一しておけば、スッキリしておしゃれな見た目にしつつも、中に入っているものを分かりやすくすることができます。
同じボックスなどを使って収納すると見た目がすっきりするものですが、どれも同じに見えて中身が分かりにくくなってしまうものです。そのようなときにこうしたラベルを利用すると、見た目は美しく、より使いやすい収納にすることができるようになります。

お名前付けも簡単にできるようになる

お子さんの持ち物には名前を付けるようにしなければなりませんが、一つ一つにきれいに書き込むのは一苦労という親御さんも多いのではないでしょうか。字がきれいな方なら良いですが、そうでない場合はきれいに書けずに自己嫌悪に陥ってしまう事もあります。そのような悩みを持っている方は、お子さんの名前を印刷したシールラベルを用意しましょう。
パソコンで作ってもよいですし、業者に依頼することもできます。すでにプリントされているものであれば貼り付けるだけでお名前付けが完了するので手軽ですし、字もキレイに見やすい形になります。お子さんも名前が見やすいと自分のものを見分けやすくなるでしょう。まだ文字の読めないお子さんには、お気に入りのマークを付けておくのもおすすめの方法です。

いろいろな場所で活用できるシール

シールという形であれば、手軽にキレイに必要な情報を示すことができるようになります。自分で作るのであれば入れるものなど細かいものについても対応しやすくなるでしょう。印刷が難しければスタンプなどで作ってみるのもおすすめの方法です。味が出てインテリアアイテムとしても生かしやすくなります。
贈り物のラッピングなどを止める際にこうしたものを使うのもおすすめです。贈り主の名前やメッセージなどを掲載したシールラベルを作っておくことによって、貼るだけでメッセージカードの役割も果たしてくれることになります。ちょっとした贈り物におすすめです。
こうした形で生活の中でどんどん活用してみましょう。そのうちに新しいアイディアが生まれ、もっと活用できる場所が広がっていくことになるはずです。