• このエントリーをはてなブックマークに追加

使用用途がたくさんあるシールラベル

シールラベルというと、仕事でのあて名印刷したものを封筒などに貼り付けて利用するだけで、他に使い方が思い浮かばないという方も多いのではないでしょうか。しかし、自由に書き込んだり印刷したりできるものが、シール状になっていて貼り付けられるという事で、実は仕事や生活に大いに役立ってくれるものでもあるのです。 単なるあて名シールとしてだけではなくぜひ、いろいろな使用用途で活用してみましょう。ラベルにはいろいろな種類があり、用途に応じて選ぶとより便利です。サイズの違いでも使い道が変わってきますし、粘着力の違いでも使い方が変わってきます。どこにどう使うかを考えて、それに合ったタイプのものを選ぶのがコツです。特殊な大きさの場合は大きなシートをカットするという方法もあります。

収納を分かりやすくするのにおすすめ

スッキリ収納しようとすると、同じようなボックスやかごに収納していくことが多いものです。そういった時に問題となるのが、中に何が入っているかを把握しづらくなってしまう事でしょう。 そういった時に、中に入っているものをラベルに書いて貼っておくと、簡単に入っているものを示すことができるようになります。パソコンなどでデザインして印刷すると既製品のようなオシャレさが生まれますし、手書きならそれなりの味が生まれます。スタンプなども使ってみると、より温かみのあるものになるでしょう。同じファイルが並んでいる時に中味を表示するのにも使えます。頻繁に中身が変わるときには貼ってはがせるタイプにするとすぐに貼りかえられるので便利です。ぜひ、収納にシールラベルを活用して便利な収納にしていきましょう。

その他にも幅広い用途で使えるもの

シールラベルが活躍するのは収納場面だけではありません。例えばお子さんの持ち物に名前を付けるとき、いちいち書き込まずに貼り付けるという事もできます。多くの枚数が必要ならばあらかじめ印刷しておくと、貼り付けるだけで良いので手軽です。 さらに、貼ってはがせるタイプを利用して、カレンダーなどのスケジュール管理に活用することも可能です。スケジュールが変更になったら、そのまま貼りかえればよいので手軽にカレンダーのスケジュールも変更できます。線で消すなどという事も必要ないのでカレンダーもキレイなままで、混乱することもなくおすすめです。 このように、生活の中で多くの用途で活用することができます。ぜひ、生活の中でどんどん活用して便利な暮らしに役立てていきましょう。