• このエントリーをはてなブックマークに追加

シールラベルをフルカラーで作る時に知っておきたいこと

シールラベルと似たものに、ステッカーがあります。それぞれ、適した使用法を知った上で印刷所に注文することが大切です。 シールラベルは、屋内で使用することを目的としています。印刷される素材は、紙またはフィルム素材になります。また、中には和紙素材を使ったものやクラフト素材など、独特の風合いを持つものもあります。フィルム素材になっているものは、耐水性がありますので、冷蔵庫や冷凍庫などで使用することもできます。 紙素材のものは耐水性がありませんので、水がかかる場所や濡れる恐れがあるものには使用することはできません。冷蔵品などに使うシールの場合は、冷蔵用糊の使われているものを選ぶ必要があります。シールは屋外で使用することは想定されていませんので、注意が必要です。

ステッカーは屋外で利用することを想定している

シールは屋内で用いられることを想定していますが、ステッカーは、屋外利用を想定しています。そのため、素材は、耐久性が高く、雨に濡れても平気な防水性もある塩ビを使用しています。 屋外で利用するものとして、長期使用目的のものと短期使用目的のものが用意されており、それぞれ印刷の方法や持ちが異なります。長期使用目的のものは3年から5年、短期使用目的のものは1年から2年にわたって使うことが可能ですので、どれくらいの期間にわたって使用したいのかによって、注文すべきステッカーは異なります。 長期使用の方を注文した方が良いものとしては、ヘルメットなど、立体的なものに貼り付ける場合です。印刷を依頼する時に、フルカラーであっても価格は高くはなりませんので、安心して注文できます。

シールラベルの印刷についての概要

印刷を依頼する時には、注文してから印刷データを入稿することができます。印刷方法としては、最近主流なのはオンデマンド印刷と言われるデジタル印刷です。一定期間内はデータが保管されているため、後から追加を依頼することもできます。シールを貼る素材によって相性が合う合わないがありますので、不安な時は、素材見本を送ってもらうこともできます。素材見本は無料で送ってもらえることが多いので、気軽に申し込めます。シール作成に関する依頼やデザインに関するやりとりなどは、すべてメールで対応してもらえるので、確認が取りやすく、訂正なども行いやすくなっています。印刷を依頼する時には、業者毎に価格や仕様、特徴などが異なりますので、複数業者に見積もりを出してもらうと良いでしょう。